あした晴れるかな

アクセスカウンタ

zoom RSS こんな時どうしますか?

<<   作成日時 : 2010/09/04 16:11   >>

驚いた ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

 ハズをかるた会に送っていった帰り、お買いものによりました。

 用事があったので久しぶりに大型おもちゃ屋さんへ(我が家用の買い物ではなかったのだけど)

 買い物をしている途中、タカはひとり店内をうろうろ。

「ママ、ちょっとこっちに来て、お兄ちゃんが話があるねんて」と
戻ってきたと思ったら、小学6年生の男の子を連れている。

『え?なんか商品でも壊したか?』と一瞬疑う母(^^;;

 その男の子に事情を聴いてみると・・・・こうでした。


 ・ひとりで買い物に来ている間に、駐輪場に預けていた自転車が無料時間(90分)を過ぎてしまって
150円支払わないと動かせなくなってしまった。
 ・所持金はすべて使ってしまった(プラモデルとかに)
 ・家に親は出かけていない。
 ・ここから自宅まで遠く、徒歩では無理。
 
 どうして良いかわからずタカに声をかけたようだ。

    私:お店の人には事情を言ってみたの?
 男の子:言いました。けど、それは仕方がないですね・・と言われた。
    私:この子(タカ)に声かける前にも、だれか大人の人に言ってみた?
 男の子:何人か話たけど、みんな相手にしてくれなかった。お金はないと言われた・・・

  と、聞き出した内容はこんな感じでした。
男の子の様子は、本当に困り切った感じで、また頼りなく、おどおどとやっと質問に答える感じ。
話の内容からも、お店の人の対応やほかの大人の対応も、まあ・・こんなご時世察しはつきます(^^;;

 嘘を言ってお金をだまし取ろうという雰囲気ではなかったので、

とりあえず、駐輪所まで一緒に行き、出せない状態を確認しました。
買い物をして、お金を使い切ってしまったのも本当のようです(><)

 小学6年生と言えども、まだまだ子供。

 どう対応するか少し迷いましたが、
結論からいうと150円は立替えてあげました。

 金額の問題ではなく、私が懸念したのは、この子がこのまま家の人にこういう事態になってしまったことを
黙ったままにしておくのが心配だったのです。
 
もともと、ここへ買い物に来ることも6年生ぐらいだと、話していないのかもしれませんが・・・

 ちゃんと次からはこういう事態にならないようにどうしたらよいか、家庭で話合ってほしいなあという思いと、
こういうとき世の中の親はどんな対応に出るんだろ?とちょっとした調査、好奇心も含めて
「ちゃんとおうちの人にお話しできる?携帯番号書いておくから、渡してね」と
150円払った領収書の裏に番号を書いて渡して帰しました。

 炎天下だというのに、遠いらしい自宅まで帽子もかぶらず出かけてきたようです(><)

 

 その後、ちゃんと親と話合うことができたかどうかは、やっぱり連絡がないのでわかりません。
あの男の子が話してない確率のほうが高いかなあ・・・
 そもそも、あの話もどこまで本当なのか・・・(あえて、自宅の番号や名前は聞きませんでした)


 今回の件は、私にとっては、困っている6年生の男の子を助けてあげたというよりは、
「ママ、お兄ちゃんが困ってるから・・」と私を頼ってきた息子の自分の親に対する信頼のためだったように思います。

 子供に親に言っても何も変わらない、相手にしてもらえないと感じさせたくないのです。
その根底の信頼関係があるから、
子供は親を離れていろいろなことに安心して挑戦していけるのだと思っているから。

  それに、もし我が子がどこかでアクシデントに見舞われたときに
 だれかに助けてもらえればなあという願いを込めて。
 もちろん、その時はお礼の電話も忘れませんけどね。


 ちょっとした土曜日の昼下がりの事件でしたが、
同じような子供を持つ親として考えさせられる部分がたくさんありました。

 日ごろ、「困ったことやアクシデントにあったら周りの大人に助けを求めなさい」と教えていましたが、
周りの大人はあてにならないということが分かりました。

 世間は、明らかに他人との関わり合いが希薄になったように思います。
 
これからは、子供たちにはもっと具体的に指示しておかなくてはいけません。
 周りの大人に頼っても解決するには難しそうです。。。。


 かるた会に迎えに行った帰りの車で、ハズに
もし同じような状況になったときどうする?と聞いてみたところ・・・・

速攻で、

「返品する」と答えが返ってきました。

 

 あっ!


 ほんとだ。

 返品したらお金が戻ってきて自転車出せるねーー。
 
 そうやってアドバイスしてやるべきだったかも(^^;;

  
  
 

    
 

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
驚いた 驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
こんな時どうしますか? あした晴れるかな/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる